トップリフォーム ◆リフォームアドバイザー日記◆

青森県八戸市の増改築専門店トップリフォームのリフォームアドバイザーが日々感じたことを日記風につづります(^-^)
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
応援クリックお願いします★
人気ブログランキングへ
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
暖房用ボイラー交換しました!
IMG_9649 - ブログ用.JPG




こんにちは、トップリフォームの山内です。

今回は、浴室暖房器用の暖房ボイラーの交換工事です。

最近は 浴室の改修工事をさせていただくと、浴室や脱衣場に

暖房乾燥機や、暖房換気扇をつけさせていただくjことが とても

多くなってきました。

暖房換気扇や、暖房乾燥機といっても、その種類は複数ありま

して ・電気式 ・石油式 ・ガス式 等々 暖房の熱を作り出す為

の熱源(燃料)も複数あります。

私の場合は、最近は電気式をつけさせていただくことが多いで

すね。

今回は、石油式の浴室暖房器の外機(暖房用ボイラー又は熱源機)

の交換です。

石油式やガス式は 室内機の他に、燃料を燃やして暖房の為の”熱”

を作る、外機があります。

これは、皆さんのご自宅で使用している、蛇口からお湯が出るように

取り付けられている給湯用ボイラーと似たような製品だと思っていた

いただければわかりやすいかと思います。

給湯用のボイラーとは別に、暖房用のボイラーがもう一台付いてい

ます。

で、このボイラーですが、普通のボイラーと同じように 古くなるとやは

り、修理 又は 交換が必要になります。

今回は、外機が年数がったているために、修理不可だったために

交換させていただくことになりました。

基本は 室内機と外機は セット商品なのですが、今回はメーカーに

問い合わせたところ、代替仕様製品があるとの事で、外機のみの

交換になりました。

交換後は、『また暖かいお風呂に入れて とても快適だ。もう暖房器

がある生活に慣れてしまっているので、使えない間はとても寒くて

大変だった。本当に良かった。』と喜んでいただけました。

今回の使用製品は

 長府 暖房用ボイラー DBF-670  です。

 


コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staff.topreform.com/trackback/46