トップリフォーム ◆リフォームアドバイザー日記◆

青森県八戸市の増改築専門店トップリフォームのリフォームアドバイザーが日々感じたことを日記風につづります(^-^)
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
応援クリックお願いします★
人気ブログランキングへ
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
和室改修工事 その8

 こんにちは! トップリフォームの山内です。

 

 今回は、和室改修工事 その8 内装工事をご紹介します。

 

 大工さんと塗装屋さんの作業が終了して、次は 内装屋さんの工事になります。

 ここでは、おもに 既存の壁仕上げ内装材(壁紙や聚楽(じゅらく)壁・わた壁 等)を

一度剥がして、パテ 等 を使用して 壁の凸凹調整を行ってから 壁紙(ビニールクロス 等)

を貼りつけする 貼り替え 工事を行います。

 

 お客様のところに下見に伺うと、たまに 『今の内装仕上げ材を剥がないで この上に貼り

つけできるんでしょ。』 と いわれる時がありますが、当社では 基本重ね貼りは行って

いないので、事情を説明して、貼り替えで進めさせていただいています。

 

 ちなみに、壁材を剥がす前がこちら。

 

 

 そして、剥がした後がこちらになります。 

 

 

 今回は、襖にもクロスを貼って仕上げる予定になっているので、一緒に襖紙も

剥がしています。

 

 そして、剥がし終えたら 今度は、きれいに仕上げるために、壁にパテを塗って

乾燥したら削って、凹凸を無くしていきます。

 

 

 上の写真が壁で 下の意写真が天井です。

 

 

 ここまでの作業で、人数にもよりますが 大体一日かかります。

 

 とても地道ですが、仕上がりにかかわる とても大事な作業です。

 

 時々 剥がし作業や パテを塗る作業を ほんの少しだけお手伝いする事がありますが

なれないせいもありますが、腕や肩がすぐ疲れてしまいます。

 実際 手伝ってみるとよく解りますが、やっぱり見えないところの作業はとても大変

ですが、そこをしっかりとやってくれているので、仕上がりが良くなるんだなー。と

いつも感心しています。(感謝もしてます。)

 

 ということで、本日はここまでです。

 次回は、クロスの貼りつけ後を ご紹介したいと思います。

 

 それでは また。

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staff.topreform.com/trackback/96